in トピックス

梅雨に起こる頭痛やめまいの原因は・・・?

-- COMMENT

梅雨って雨が続いて嫌ですよね☂
そして、体調不良にもなりやすい時期になります。

傘★


-頭痛やめまいの原因-
梅雨の時期は、普段より頭痛やめまいがするということがあると思います。
他にも、倦怠感、立ちくらみや肩凝り、関節炎、リウマチ、吐き気なども起こることはありませんか?

梅雨に頭痛やめまいを引き起こす原因は、気圧の変化によるものの可能性もあります。


頭痛


また偏頭痛は気温や気圧の変化が痛みの引き金になるとも言われています。

めまいは、気圧の低下が原因で耳の内部に圧力がかかり、
耳の内部にある蝸牛(かぎゅう)や三半規管から内リンパ液という液体がかき混ぜられます。
実はこの内リンパ液が傾くことで脳は「今傾いている」と判断するのです。
頭を振っているわけでもないのに内リンパ液がぐるぐる動くので、脳がパニックを起こして
めまいを引き起こす一因と言われています。


これらの症状は梅雨の時期だけに起こる病気ではありません。
病は天気からといっても過言ではないくらい天気と体調は関係があります。

主な症状としては、めまいと頭痛以外には、腰痛、肩こり、神経痛、関節の痛み、
リウマチ、じんましん、吐き気、倦怠感、うつ病、メニエール病、喘息、
心臓発作、脳出血、盲腸、くも膜下出血などがあります。


★気象病であった場合の予防や対策★

-予防は生活習慣を見直すこと-

予防策は、気温や気圧の変化に左右されない体力と健康な身体を維持することが
実は、1番の予防になるそうです。
なので、1日3食きちんと摂って、十分な睡眠をとるようにしましょう。

ここまで、梅雨に起こる頭痛やめまいの原因は気圧の影響の可能性が高いことをお伝えしてきました。
雨や雪、くもりの時だけではなく、
雨が続いたあとの突然の晴れの日も体調には大きく変化をもたらします。

もちろん、別の原因の場合もありますので、判断の1つとして参考にしてみてください。
症状が重い場合や長く続いた場合には、
早めに先生の診断を受けることをオススメします!

  • Share