FC2ブログ
in トピックス

冬に起こりやすいとされている病気とは①

-- COMMENT

今回は、冬に起こりやすいとされている病気についてのお話です🌟

ヒートショック

暖房の効いた暖かい部屋で過ごしていて、トイレに入ったり、お風呂に入ったり、お風呂に入るため脱衣所で服を脱ぐときに、寒くて身震いをするような経験はないでしょうか?
外出をする際にはコートや手袋、マフラーなどで身支度をしますが、トイレに入る際、ましてお風呂に入る際には、何の準備もなく、突然寒い場所に身をさらすことになります。
暖かい場所から急に寒い場所へ移動すると、血管が収縮して血圧が急に上がることがあります。
また入浴の際には、寒い思いをして服を脱ぎ、そこから熱い湯船に入ると、逆に血管が拡張して血圧が急に低くなることになります。

このように、激しい温度差によって血管が収縮・拡張して血圧が急に変わることを「ヒートショック」と呼びます。
血圧が急に上がると、脳内出血や脳梗塞、心筋梗塞など重大な疾患を引き起こす可能性があるため、とても危険な状態です。
ヒートショックは、もともと高血圧や糖尿病、動脈硬化などがある人に起こりやすく、高齢者の方も影響を受けやすいため注意が必要です。

それでは、ヒートショックを予防する方法(主に、お風呂に入る時の注意点)をご紹介いたします🌟

★寒い所から暖いところへ行く時の注意点★

①お風呂に入る少し前、服を脱いでいる間でも良いので、浴槽のフタをあけて熱気を浴室に充満させ温めること。暖かい部屋と浴室の温度差を少しでも無くすことが大切です。最近は浴室専用の暖房器具も販売されているので利用されると良いと思います。
ただし、一般的な暖房器具を浴室で使用すると故障の原因や事故につながるため、必ず浴室専用の物を利用しましょう。
②入浴前にコップ1杯の水を飲むと良いでしょう。
③飲酒直後の入浴は避けましょう。夕食時に晩酌をされる方も多いと思います。
しかし、飲酒後の入浴は余計に血圧が上がり、心臓に負担がかかります。
2時間程度の間隔をあけてから入浴するか、あるいは先に入浴を済ませてから晩酌を
楽しむと良いでしょう。
④湯につかる際には、いきなり肩までつかるのではなく、足からゆっくり慣らすように
入りましょう。
⑤熱いお風呂は危険です。ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かるのが良いでしょう。

★暖い所から寒い所へ行く時の注意点★

①湯から上がる際にも急に立ち上がらず、ゆっくりと出ましょう。
②マフラーやハイネックを使用するなど、首を温めると良いでしょう。

とくにヒートショックが起きやすいのは、12月から1月、降雪のある2月です。
ごく身近な状況で、いつでも起こりうる可能性のある現象なので注意をしましょう。


暖房器具
  • Share