in トピックス

日焼け対策

-- COMMENT

こんにちは。

少しずつ日が延びて、日中外に出ている時間も増えてきましたね。
今回は「日焼け対策」について触れていこうと思います。

1年のうちでも、春から秋にかけては紫外線が多くなる季節です。
日焼けについて正しい知識を持ち、対策をとっていきましょう!!


通常は日光に当たって8〜24時間で肌が赤くなり2、3日後に肌が黒くなっていきます。
中には赤くなった後全く何も起こらない人もいます。

日焼けによるダメージは大きく、酷いものだと水膨れやむくみ、痛みや火照りを伴う場合もあります。
症状が酷くならない為にも、すぐにできる日焼け対策を行いましょう。


≪日焼け対策≫


1、午前10時から午後2時の最も日差しの強い時間は、直射日光になるべく当たらないようにしましょう。

2、日中の外出の際は、なるべく帽子やサングラスを使うようにしましょう。

3、日焼け止めクリームを分量・有効時間を守り使用しましょう。時間ごとに塗り替えましょう。

≪日焼けをしてしまった時の対策≫

1、冷たい水で湿らせたタオルを当てたり、氷で冷やすようにしましょう。

2、水泡が出来たら清潔なガーぜで保護をし、医療機関へ。

3、頭痛や熱が出てしまったら、日の当たらない涼しい所で休憩を取りましょう。

4、肌を清潔にし、日焼けした所を化粧水等をたっぷりつけて保湿しましょう。

5、日焼け酷い時は、熱い湯船につかるのは控えましょう。

6、ビタミンCを積極的に摂りましょう。


日の光を浴びることは自律神経のバランスを整えたり、骨を強くするなど人の体にとってとても大切な事なので、帽子や日焼け止めなど、身近で出来る対策をとって、旅行やレジャーを楽しみましょう(^∇^)ノ


また、熱くなると心配なのが、熱中症や熱射病です。
次回7月17日(火)に行う健康講演会では熱中症を正しく予防しようという内容でお話をさせていただきます。
ご希望の方は、お電話又は受付スタッフまでお声がけください。

4190992daab245eba7def11d800b6ff3_s2.jpg



  • Share